水野美紀、萩原聖人との“ラブラブ”ペアルック姿見せつける 女優・木村佳乃主演で、40代男女の激しく濃厚なラブ・サスペンスが… オリコン
2018年11月16日 8時0分
テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『あなたには渡さない』第2話でペアルックを披露する多衣(水野美紀)と旬平(萩原聖人)(C)テレビ朝日
http://news.livedoor.com/article/detail/15603202/
  


Posted by 二階堂 咲  at 11:27Comments(0)
東〇〇不動産。東〇〇不動産は、個性や特徴のある物件をセレクトして紹介する不動産サイトです。こだわりを持つ感度の高いユーザーを中心に支持を受け、現在、月間に300万のページビューがあります。従来の不動産会社やサイトでは「広さ」「立地」「価格」「築年数」といった画一的な条件でしか物件を探すことができず、「眺望がいい」、「海が見える・緑が見える」他の不動産会社には無い魅力
  


Posted by 二階堂 咲  at 14:24Comments(0)

2018年11月16日

敷金が戻ってくる方法

『こうすればあなたの敷金は戻ってくる』 敷金返還請求交渉を有利に進めるには、先手必勝が極意。部屋に案内されたときから始まっていると心得ておこう。気になる箇所があったら家主、不動産会社の立ち会いの元に、入居時の部屋の状態を確認しつつ、デジタルカメラなどで撮影し、退去時にも同様のことをしておく。 この写真は、原状回復費用請求書の細目をチェックするときに役立つし、敷金トラブルが少額訴訟に発展したときの重要な証拠にもなる。通常生活で発生しうる破損や汚損についての原状回復費用は、家主が負担すべきもので借り主は責任を負う必要がないものだ。敷金が戻ってくる方法
  


Posted by 二階堂 咲  at 16:23Comments(0)
各家庭によくあるのが、「ベストセラーやヒット作」。これらは市場に数多く出回っているので、手放してしまってもあまり困りません。誰かが持っていますし、リサイクル書店にも山積みになっています。図書館に必ず収蔵されているような「基礎的な資料」で、頻繁には使わないものも、必ずしも自分で持っている必要はありません。https://davidnietomacein.com/now/
  


Posted by 二階堂 咲  at 14:00Comments(0)
賃貸の入居審査で年収の低い夫婦でも受かるのか! ... 賃貸契約を行う前の入居審査 に受かるポイントはあるのでしょうか?様々なポイントを見てみよう ... 賃貸アパート・ マンションの「入居審査」で「受かる人と受からない人の違いは何なのか」を調べてみた.https://pettoka.xyz
  


Posted by 二階堂 咲  at 15:28Comments(0)
Appleショックで世界的な株安
http://news.livedoor.com/topics/detail/15589164/
  


Posted by 二階堂 咲  at 21:35Comments(0)
<ひとつ屋根の下で共に暮らし、共に成長する> 住宅は、そこに住む家族にとって「共に生活した思い出」をしまっておく器でもあり、地域(まちの風景)は、外から見ていた人々の思い出をしまっておくことができる。そしてそれが「まちの風景」として継承され地域の文化が生まれ、地域的価値をも見出すことによって人をつなぎ、想いをつなぎ、時https://fitzgeraldzembruski.com/apartment-house/
  


Posted by 二階堂 咲  at 13:40Comments(0)
種明かしをすれば、S・Kさんとは、要するに「江〇利〇氏の優雅な生活」の江〇利〇である。いわぱ、高齢となって一人暮らしをしている生活・住まいに困る一般人の総称だ。 生活していく基礎として″衣食住″といわれるが、住まいによって衣も食も規制されてしまう。 このことから、生活のレベルは、住居によって左右されるのである。https://cariboo-vacation.com/various-rental-housing/
  


Posted by 二階堂 咲  at 17:57Comments(0)
図の引継取得価額等の斜線部分がそれに当たる。事例では引継取得価額等五、四〇〇万円のうち、その六〇・七%に当たる三、二七八万六千円相当額を減価償却資産とし、建物本体部分にその六五%相当分、金額にして二、一三一万一千円、設備に三五%相当分、一、一四七万五千円と仕訳して減価償却費を計算したのである。課税の繰延べ措置に関しては、買換資産は譲渡資産の取得価額等を引継ぐが、取得日は引継がない構築となっている。

買増し型買換えの場合(その②)
  


Posted by 二階堂 咲  at 09:13Comments(0)
名簿の問題は非常にデリケートな問題ですし、実際的な問題でもあります。名簿業者から名簿情報を入手する場合、その名簿が「一般に公表され、流布されているもの」であるものならば問題はありません。しかし、実際にはさまざまな名簿が存在しています。その名簿業者自身が「個人情報取扱事業者」である場合は、名簿を顧客へ売る行為は「個人データの第三者への提供」に当たりますから、名簿業者は名簿に記載されている各人の同意を得るか、第三者提供に関するオプトアウト(後述)手続をとる必要があります。もし、そうした手続をとっていない場合は、個人情報保護法に反する可能性があります。

名簿の入手などは慎重に
  


Posted by 二階堂 咲  at 12:57Comments(0)