契約の解除についての事例』.居住用建物の場合住宅事情の緩和が反映されて、近頃ではそれについての譲渡・転貸が問題となることは減ってきているようではある。二同居の親族形だけの理屈の上からは親族の同居も転貸の問題となし得ようが、特別な事情...建物の契約解除の前に知っておくべきこと



Posted by 二階堂 咲  at 18:45 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。