一般的に、仲介会社は、取引が成立しなければ、どれだけ動いても「無報酬」です。
そうすると、「取引が成立すること」を優先せざるを得ない傾向があります。
では、「取引が成立すること」を優先したとすれば、その仲介会社は売主側と買主側のどちらに立った方が、取引が成立する可能性が高いのでしょうか。
結論からいえば、仲介会社は「売主」ではなく「買主」の側に立つことが多いのです。
それはなぜでしょうか。
売主側に立ってくれる仲介会社



Posted by 二階堂 咲  at 20:13 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。