後順位の抵当権者にとっては、あまり縁のない制度かもしれませんが、権利関係を一掃するという意味において、利用価値があるかも知れません。ある人が所有する抵当不動産が二つ以上あり、仮に、それぞれの不動産の抵当権者が同じ顔ぶれであれば、抵当権の譲渡や順位変更などを行って、「一つの抵当不動産には抵当権者が一人」となればあらゆる意味から理想的です。ところが、抵当権者である金融機関同士が、それぞれその権利を主張し続けたのでは、なかなかワークアウトは進みません。通常、後順位の抵当権が先順位の抵当権と交換できる可能性はありませんから、「ハンコ代」と称して、貸付債権を売却したり根抵当権などを譲渡したりしてワークアウトを進めます。特に、共同担保となっていhttps://goyanoticias.com/kenri/



Posted by 二階堂 咲  at 14:02 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。