<ひとつ屋根の下で共に暮らし、共に成長する> 住宅は、そこに住む家族にとって「共に生活した思い出」をしまっておく器でもあり、地域(まちの風景)は、外から見ていた人々の思い出をしまっておくことができる。そしてそれが「まちの風景」として継承され地域の文化が生まれ、地域的価値をも見出すことによって人をつなぎ、想いをつなぎ、時https://fitzgeraldzembruski.com/apartment-house/



Posted by 二階堂 咲  at 13:40 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。